The Everest 701は、簡潔に言って驚異的です。アビイ・ロードで私が使っている全てのデジタル機器は、Abendrot Everest 701でシンクさせており、701でロックさせることでデジタル機器はより自然なサウンドになります。ハイ・ディフィニションを超えており、より深い低音と明確なステレオイメージが音楽に精彩なディテールをもたらします。本当によいマスタークロックは、デジタル機器のサウンドをアナログであるかのように素晴らしいものにします。エクセレントなクロックという以外にありません。– Miles Showell, マスタリング・エンジニア/ハーフスピード・カッティング・エンジニア (Abbey Road Studios)

目を開かせてくれるギアだ。アナログサウンドを本当にアナログサウンドのままにデジタルレコーディングできる。– Sadaharu Yagi, グラミーアワード受賞 レコーディング・エンジニア (リンプ・ビスケット、ドラコ・ロサ、シャキーラ)

サウンドはオープンで全域に広がりがあり3次元スペースを展開させる。疑いの余地のない真実だよ。– Enrico 'Kikko' Sesselego, レコーディング・エンジニア (スティーヴ・ヴァイ、 ポール・ギルバート)

クッキリハッキリ、音場も広く柔らかで上質な音。明らかに違ってスタジオ内の誰もがわかった。701を使ってみて思ったよ、効果がある。– 鈴木智雄, レコーディング・エンジニア(ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、サンタナ、寺井尚子)

音が前に来る感じがとても好き。D/Aだけでなく、A/Dにも顕著な違いが出る。ピークは同じなのに音量感が増し、それでいて素直。素晴らしいの一言。– 牧野"Q"英司, レコーディング・エンジニア (BUMP OF CHICKEN、くるり、SCANDAL)

今までのものは一体なんだったんだ。実際にEverest 701をマスタークロックに据えたデジタルシステムを聞くとその効果を認めざるを得なかった。デジタルシステムが限りなくアナログに近い音に変化するのが面白い。– 児玉肇, トゥミックス 技術部長(長渕剛、水樹奈々、LISA)

Everest 701は、外部マスタークロックという位置付けの機器でありながら、決して邪魔しない、癖を出さない。それでいて存在感があり、包んでくれる。– 山内俊治, チーフ・サウンド・エンジニア (Blue Note Tokyo)

いままで使いなれたデジタルコンソールが最新のデジタルコンソール以上のサウンドに向上する・・・、なんか変わった、好みの音になった、というようなレベルではなく確実に向上する。– 小松”KMD”久明, オアシス FOHエンジニア(LUNA SEA、大黒摩季)




Everest 701 - True Audio Master Clock





FEATURES

19インチ2Uラックサイズに納められたアベンドートオーディオマスタークロック
True Audio Master Clock技術による最高峰のマスタークロックジェネレーター
独自の設計による6系統の高精度なワードクロック出力
外部多機能マスタークロックのための1系統の10Mリファレンス出力
NEW 新開発の高精度AES/EBUワードクロック出力


INTRODUCTION

Abendrot Everest 701- True Audio Master Clockは、不完全なマスタークロック技術が引き起こすデジタルオーディオにおける情報損失問題に起因する30年以上に渡るアナログvsデジタル論争を終結させ、デジタルオーディオに新しい時代をもたらすために開発された次世代オーディオマスタークロックの最高峰です。既存のデジタルオーディオ技術によるキャプチャ、保存、プロセッシング、伝送、リプロダクションのすべてをアナログオーディオと同等のADSRと位相表現で実現させる21世紀の最先端デジタルオーディオシステムのためのコアソリューションです。

プロオーディオにおける従来のマスタークロック機器は、デジタル機器間の同期を取ることを目的としたシンクロナイザー製品であることに対し、Everest 701は、高度なマスター信号を供給することでデジタルオーディオ機器にアナログオーディオと同等のパフォーマンスを実現させることを目的に設計されています。アナログテープのリール、バイナルレコードの回転に代表されるアナログ機器におけるタイミングのムラは、“アナログ的な暖かみ”と表現される心地よいモジュレーションを発生させるだけですが、デジタル機器におけるタイミングのムラは、情報の損失と位相の乱れを引き起こし、サウンドにデジタル的と呼ばれる劣化現象をもたらします。一度損失された情報はいかなる技術を用いても修復されることはありません。Everest 701は、誰も解決することのできなかった、このクロックのタイミングずれが及ぼすデジタルオーディオ特有の情報損失と位相の乱れを克服し、デジタルオーディオシステムに理想のパフォーマンスを実現させる次世代マスタークロックのパイオニアです。


OVERVIEW

True Audio Master Clock Technology

理想のオーディオマスタークロックを実現する為に、各分野の専門家達の献身が織り成した30年以上に渡る高精度クロック技術の集大成です。不自然なエンハンスと固有のディストーションを引き起こすことなく、デジタルオーディオに求められる事実上完璧な時間軸を供給します。異なる分野である高度なクロック技術とアナログ/デジタルオーディオ技術にそれぞれの熟練専門技術者が携わり、理想の結果をもたらす為の精到な設計が施されています。

Word Clock Distributer

Everest 701のハイライトのひとつである、新設計された6系統の高精度Word Clock Distributorは、アベンドート独自の周波数ドライバーとPLLサーキットによるハイブリッドで構成され、理論と実装問題の解決策として採用されました。ジェネレータの透明度を劣化させることなく任意のサンプリングレートをワードクロック信号に変換出力します。

AES/EBU NEW

新開発のAES/EBU出力は、ワードクロックの高精度な長距離伝送のため701Aモデルに新たに実装されています。長距離先にある別システムにワードクロック信号を同時供給することで一台あたりの運用効率を向上させています。(701Aのみ)

Chassis

Everest 701は、ノイズ干渉、磁気干渉、熱設計などを考慮した独自のレイヤー設計が施されたマスタージェネレータとWord Clock Distributerを2Uラックサイズに収めながらも、アベンドートマスタークロック品質と長期安定動作の条件をクリアしています。

10M Reference Output and W/C Distr. Deactive Switch

Reference 10M output とW/C Distr. Deactive switchは、ブロードキャスト/ポストプロダクションに求められるビデオ/オーディオのシンクロナイザー機能を持つ10M入力対応のクロックディストリビューターへアベンドートからのリファレンス信号を供給する為に搭載されました。W/C Dist.ディアクティブスイッチを適用することでEverest701は、純粋な10Mジェネレータとして動作します。


SOLUTION

Vinyl Cutting from a Digital Master

Everest 701 - True Audio Master Clockのワードクロック出力が、送出側のPCM/DSD DAWシステムをロックします。




DSD Master from PCM digital master

Everest 701 - True Audio Master Clockのワードクロック出力が録音側のDSDレコーダーを44.1kHzでロックし、10M出力が送出側デバイスをロックする多機能マスタークロックにリファレンス信号を供給します。




Mastering Using Analog Equipment

Everest 701 - True Audio Master Clockのワードクロック出力が録音側のデジタルアウトボードとDAWシステムをロックし、10M出力が送出側デバイスをロックする多機能マスタークロックにリファレンス信号を供給します。




Recording and Mixing

Everest 701 - True Audio Master Clockのワードクロック出力が、DAWシステムの複数のI/Oをロックします。




PA/SR Digital System

Everest 701 - True Audio Master Clock のワードクロック出力がPA/SRデジタルシステムをロックします。




DETAILS

19インチ2Uラックサイズに収められたアベンドートオーディオマスタークロック
高周波に関わる干渉、寄生要素、位相等を考慮した独自の実装
ノイズ干渉、熱設計、磁気干渉が考慮された独自のレイヤー設計技術
最高峰のルビジウムマスタークロックユニットを採用
6系統の高精度BNCワードクロック出力
1系統の高精度AES/EBUワードクロック出力(701Aのみ)
44.1、48、88.2、96、176.4、192 Hz のサンプリングレートに対応
外部マスタークロック機器に供給可能な1系統の10MHz出力
10MHz出力への干渉を防ぐワードクロックディストリビュータスイッチ
堅牢な15mmアルミニウム削り出しフロントパネル
高精度製造を約束するHANDCRAFTED IN JAPAN


SPECIFICATIONS

10MHz クロック出力

出力周波数: 10MHz 正弦波
出力チャンネルl: 1系統
出力コネクタ: BNCメス
アンプリチュード: >1V RMS 50Ω

ワードクロック出力

出力周波数: 44.1kHz, 48kHz, 88.2kHz, 96kHz, 176.4kHz, 192kHz
オペレーションスイッチ: アップ/ダウン トグルスイッチ
BNC出力: 6系統(推奨伝送距離: 2.5m以内 ※Abendrot BNC75 使用時)
AES/EBU出力: 1系統(推奨伝送距離: 100m以内)
出力レベル: >2V P-P 75Ω
ワードクロックディストリビュータスイッチ: オン/ オフ トグルスイッチ

ルビジウムユニット

位相雑音: <-140 dBc / Hz (100Hz)
<-150 dBc / Hz (10KHz 代表値)
出荷時の精度: ±5×10-11
暖気時間: <10分 (ゲインが実用精度に達しロックする時間)

一般

入力電圧: 115V / 230V, 50-60Hz
消費電力: 60W (通常) , 135W (最大)

使用環境

動作温度範囲: 5℃~ 35℃
相対温度: 35~85%RH(結露なきこと)

外形と重さ

外形: 482 x 430 x 88mm (幅 x 奥行 x 高さ)
重量: 9kg

メーカー希望小売価格

Everest 701 - True Audio Master Clock
メーカー希望小売価格:OPEN
実勢価格:2,800,000円(税別)
2017年1月31日発売

Everest 701A - True Audio Master Clock NEW
メーカー希望小売価格:OPEN
実勢価格:2,980,000円(税別)
2018年10月31日発売
※AES/EBU出力搭載モデル

※1.本製品は、受注生産品となり、約3ヶ月の納期が掛かります。
※2. 製品のオーダーにはISRCコードの提示が必要になります。
※3. 本製品の仕様および外観は予告なしに変更することがあります。