Abendrot Everest 901 – True Analogue to Digital Converter





FEATURES

NEW 独自開発のTrue A to D Conversion技術による最高峰のAD変換
NEW True Audio Master Clockを継承する新開発の内部クロック
3段階で切り替え可能な入力ゲイン設定
独自設計による2系統の高精度なワードクロック出力
Everest 701のリファレンス信号を受ける10MHz入力端子


INTRODUCTION

Abendrot Everest 901 – True A to D Converterは、デジタル・レコーディングにアナログ・マスターレコーダークラスのオーディオ品質を実現させることを目的に開発された最先端のステレオA/Dコンバーターです。この新しいコンセプトのA/Dコンバーター開発は、将来に渡って理想を追求するリーディング・スタジオの基礎設備を供給していくことを考えた際に、避けて通ることのできないオーディオ・ロジックの必然から始まりました。

Abendrotは、2016年のEverest 701 – True Audio Master Clockの発表以来、デジタル・オーディオ機器への絶対時間基準を提示する基礎設備を供給しています。アナログの夢を見るデジタル・システムを実現するこの特別なマスタークロックは、それまでの既成概念を超えて数多くのリーディング・プロフェッショナルに支持され、またその結果を通して数えきれないほどのリスナーを熱狂させてきました。Abendrot Everest 901 – True A to D Converterは、そのEverest 701 – True Audio Master Clockが持つポテンシャルの延長上にありながら、これと対を為すもうひとつの基礎要素を補う製品です。

オーディオは、”時間とダイナミクス”という二つの基礎要素ですべてが成り立っています。Everest 901 – True A to D Converterは、デジタル機器の絶対時間を供給するAbendrotが提示するダイナミクスへのソリューションとなり、True Audio Master Clock 技術と組み合わせることでコンセプトが完結します。リアル・パフォーマンスが生み出すトランジェントとダイナミクスを克明にキャプチャすることのできるEverest 901 - True A to D Converterは、デジタル・オーディオのニュー・フロンテイアとなるアナログ信号のトランジェントとデプスを捉え、かつてないオーガニックな3次元のサウンド・イメージをデジタルに実現します。


OVERVIEW

True A to D Conversion Technology

アナログ信号が持つトランジェントとダイナミクスを克明にデジタル変換するためにAbendrotのTrue Audio Master Clock 技術と従来のA/D変換技術を発展融合させ、Everest 901の為に開発した独自のADC変換技術。アナログが持つ特有のトランジェントとデプスを保持したままデジタル変換を行います。

True Audio Master Clock Technology

Everest 701 のTrue Audio Master Clock Technologyを継承する高精度水晶を用いた新開発の内部クロックを搭載。Everest 701に次ぐマスタークロック品質を保持し汎用用途に優れています。この内部クロックによりEverest 901は、スタンドアローンで動作し、一台でデジタル・システムのステレオ・マスター・チャンネルのA/Dコンバーターとシンク・マスターの両方を担うことができます。

EXT – INT switch

Everest 901の内部クロックとEverest 701からの外部クロックを切り替えるEXT – INT switchを搭載。Everest 701のリファレンス10MHzを受ける外部10Mhz入力に切り替えてシステムをアップグレードすることができます。Everest 901とEverest 701とのコンビネーションは、重要なステレオ・マスターや歴史的オーディオ・アーカイヴのデジタイズに最適です。

Variable Gain

スタジオの基準レベルに合わせたADCの入力レベルを3段階で切り替え可能。(デフォルト:-16dBFS, -18dBFS, -20dBFS)。オーダー時のオプションで(+16dBu, +18dBu, +20dBu)の入力レベルに変更できます。

Word Clock Distributer

2系統のワードクロック出力を搭載。ジェネレータの透明度を劣化させることなく任意のサンプリングレートをワードクロック信号に変換出力します。デジタルレコーダーへの接続は、オーディオ信号を送るAES/EBUとワードクロック同期のためのBNCの2系統で接続します。


SOLUTION

レコーディング

リードヴォーカル、ソロピアノなどの重要なレコーディング・チャンネルのADCとデジタル・システムのシンク・マスター




ミキシング

アナログ・ミキシングの2ミックスを受けるマスターチャンネルのADCとマルチ・チャンネルDAC出力のためのシンク・マスター




デジタル・マスタリング

マスタートラック・インサートの為のADCとシステム全体のシンク・マスター




アーカイブ

アナログ・レコーダーからの取り込み




ライブSR

アナログ・ギアを使ったデジタル・ライブサウンドのセットアップ




DETAILS

高周波に関わる干渉、寄生要素、位相等を考慮した独自の実装
ノイズ干渉、熱設計、磁気干渉が考慮された独自のレイヤー設計技術
高精度水晶クロックユニットを使った独自開発の内部クロック
独自の周波数ドライバーとPLLサーキットによるハイブリッドで構成する分周機構
2系統の高精度BNCワードクロック出力
44.1、48、88.2、96、176.4、192 Hz のサンプリングレートに対応
独自開発による高度なAD変換機構の実装
3段階で切り替え可能なバリアブル入力ゲイン設定(-16dBFS, -18dBFS, -20dBFS)または、(+16dBu, +18dBu, +20dBu)
過大入力検知のLED
1系統のAES/EBU出力(24bit固定)
Everest 701 のリファレンス10MHz出力を受ける1系統の外部10MHZ入力
内部クロックと外部クロックの切り替え
クロック動作検知のLED
堅牢な15mmアルミニウム削り出しフロントパネル
高精度製造を約束するHANDCRAFTED IN JAPAN


SPECIFICATIONS

変換方式

True Audio Master super clock(非同期型マルチビットアナログ・デジタル変換)

アナログ入力

-16 / -18 / -20 dBFS XLR 2CH(フロントパネルでの3段階の切り替え)
オーダー時に、+16 / +18 / +20 dBu XLR 2CH を選択可能

デジタル・サンプル・レート

44.1 to 192 kHz, 24bit fixation(フロントパネルでの6段階の切り替え)

外部入力マスタークロック

10MHz 50Ω 1V RMS(フロントパネルでのINT/EXT切り替え)

デジタル・オーディオ・データ出力

AES/EBU XLR 1CH (True Audio Master Clockによる非同期型)

マスター・ワード・クロック出力

BNC 75Ω 2CH (True Audio Master Clockによる非同期型)

パワーサプライ

AC100-230V 50/60Hz 30W

サイズ

482 x 430 x 88mm (W x D x H)

重量

8.7kg

価格

Abendrot Everest 901 – True Analogue to Digital Converter
メーカー希望小売価格:OPEN
実勢価格:2,380,000円(税別)
2019年10月1日 受注開始

※1.本製品は、受注生産品となり、約3ヶ月の納期が掛かります。
※2. 本製品の仕様および外観は予告なしに変更することがあります。